世界遺産マチュピチュの旅 2日目 マチュピチュ以外の見どころ紹介

マチュピチュ
  • URLをコピーしました!

おはようございます。ペルー2日目楽しんでいきましょう!

ちなみにホテルの庭です。チェックアウト時も荷物を預かってくれるいいホテルでした!

ホテルの庭

今日はマチュピチュ村に移動する前にオリャンタイタンボの遺跡を訪れました。

日程に余裕がある場合は遺跡の全体を見渡せる上部くらいまでは行ってみてもいいと思います。ただこの度はマチュピチュに行くことが目的なので1日マチュピチュに行くことを辞めてまでくる必要は正直ありません。。。

本当に日程に余裕がある場合にはクスコで新しい世界遺産のレインバーマウンテンに行くことを強くお勧めします。

目次

オリャンタイタンボ散策

オリャンタイタンボ遺跡の入口です。遺跡内部に入るには入場料が別途必要でした。ただオリャンタイタンボ遺跡のみの入場料ではなくクスコ周遊券みたいなものを購入する必要があります。値段は約2,400円でした。

あまりお勧めをしていないようには見えますが、個人的には好きでした。人もあまりいないですし、インカ帝国の砦が遺跡として扱われていますが、ここまで綺麗な状態の遺跡はなかなかないのではと思いました。

Ollayntaytambo picture
オリャンタイタンボ遺跡
Ollyantaytambo picture
遺跡の地図
Ollyantaytambo picture
遺跡の写真
Ollyantaytambo picture
遺跡の写真
Alpaca picture
アルパカ

オリャンタイタンボ遺跡内には本物のアルパカに出会えます。

マチュピチュ村への移動

さあ、いよいよメインのマチュピチュ遺跡の麓、マチュピチュ村に移動しましょう。

マチュピチューオリャンタイタンボ間は電車もしくはスタンドバイミー(徒歩コース)の2つ方法があります。もちろんお金がかかりますが、電車を選択しました。電車は会社が2つ経営しており、それぞれ特徴があります。

ペルーレール:走行中にペルーの民族衣装を着た人が音楽や踊りを披露してくれます。

インカレール:パノラマルーフを備えております。ペルーレールもありますが、こちらのほうがデッキにも出れる分「世界の車窓から」を体験できます。

どちらも軽食が出てきますし、飛行機のように座席なランクが存在します。あまり差は感じませんでした。

シーズンによっては売り切れもあるので、自分の時間にあった電車を選んで早めに予約しましょう。私は行きはペルーレール、帰りはインカレールを選択しました。ペルーレールの値段は約9,000円ほどでした。

南米といえど乗車時にはチケットの確認(チケット購入時にメールでもらえます。必ず印刷してください)とパスポートの確認をしないと乗車できません。意外としっかりしているので、チケットの印刷は忘れないようにしてください。画面のスクショは試してませんが、最悪を想定して一応紙で準備したほうがいいです。

Peru raill picture
電車の写真
Peru rail
電車内の写真
Peru rail
電車内の写真

オリャンタイタンボからマチュピチュまで約1時間半から2時間程度かかります。

予約時に先頭の座席が空いていたら絶対確保してください。景色の独り占めができます。

Youtubeにも一部先頭にいる状態で動画をUPしていますのでよろしかったら見てください。

世界遺産マチュピチュの旅 (World heritage Machu Picchu travel)

この日は生憎の曇り空でした。対向車両が来ていたため、待避所にて待っている際に取りました。

Peru rail view
電車からの景色
Machu Picchu object
マチュピチュの模型

雨だったことと対向電車を待っていたこともあり、予定時刻よりも少し遅れてマチュピチュ村に到着しました。

到着して歩いているとすぐに目につくのはマチュピチュ遺跡の模型です。明日に向けて胸が高鳴ります。

本日は近場で夕食を食べて寝ました。明日は始発のバスでマチュピチュに行きます。

今回利用したホテルはVista Waynapata(ビスタワイナパタ)1泊1,500円前後でした。朝食はつけていません。宿主さんは英語がしゃべることができませんが、陽気な方でGoogle翻訳で頑張って色々教えてくれる優しい夫婦でした。

マチュピチュのホテル入口写真
ホテルの入口
ビスタ ウェイナパタの空き状況確認(Expedia)

ビスタ ウェイナパタ 空室状況 (Bookin.com)

ホテルの入口付近です。レストランと併設しているからわかりにくかったですが、写真に見える階段を上って右を向くと入口が見えます。

駅から約300mなのでそんなに遠くはありません。

段差が多いためキャリーケースは不向きかもです。私はバックパッカーリュックを使用していました。

マチュピチュホテルの所在地
ホテル所在地

今回雨の降る時期ということで初めてゴアテックス(GoreTex)なるものを購入しました。

ゴアテックスってご存じですか。以下引用

ゴアテックスジャケットは「ゴアテックス・メンブレン」と呼ばれる膜状の素材を用いることで、防水性と透湿性を兼ね備えたアウター。雨や雪を防ぐほか、汗など衣類内の水蒸気を外へ排出できます。

天候が変わりやすい登山やスキーなどのアウトドアシーンにぴったりです。また、最近ではマウンテンパーカーなどのアウトドアアイテムがファッションシーンで注目されていることから、タウンユースとしての需要も高まっています。

モンベルといえば山岳ブランドとして有名ですね。デザインはノースフェイスよりもかなり安価だったため、こちらを購入しました。防水性はもちろん、謳い文句の透湿性もよかったです。春や秋のアウターにも使えそうですね!

それでは明日はいよいよ天空都市マチュピチュにアタックです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Youtubeもまだ見ていなかったらこの際に見てください。宜しくお願いします。

世界遺産マチュピチュの旅 (World heritage Machu Picchu travel)

マチュピチュ遺跡のチケット購入方法もよかったらみてください。

マチュピチュ遺跡のチケットを格安で購入する方法

/世界遺産マチュピチュの旅#1 マチュピチュへ楽に行くためには

世界遺産マチュピチュの旅 3日目 マチュピチュ遺跡内のおすすめスポット

他にも海外旅行に行った際のレビュー記事を記載しております。徐々に記事数も増やしていきますので、今後の旅の計画の参考になればと思いますので、よかったら見てください。

海外旅行

日本国内も今後増やしていきます。まだまだ日本国内に行ったところは少ないですが、現時点でもマイナーな場所も記載しています。

国内旅行

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

easy@traveling2012のアバター easy@traveling2012 旅人サラリーマン

会社員をしながら週末や連休に旅行しています。
JALの上級会員とANAの上級会員を持っている俗に言う紫ステータスです!
これまで行った旅行の紹介を簡単にご紹介して、日本はもちろん各国の良さを伝えることが出来ればと思います。
一部旅行後時間が経過しているため、情報が古く、現状と一致しない場合があるかもしれませんが、ご了承お願いします。

また、おすすめな国や場所など教えてもらえると嬉しいです!!

コメント

コメントする

5 − four =

目次